2010年7月26日月曜日

年金

4月くらいに年金の担当部署に電話したことがあった。
内容は海外留学に際する年金の扱いについて。

その時期にちょうど年金の振込用紙が届いていたからである。
日本でそのまま大学院に進学していれば学生免除であとから的な
扱いがあったので、海外にもないか、との問い合わせ。
というのも卒業から入学まで5カ月くらいあるので、
そこの扱いなどを主に聞きたかったからである。

結論から言うと、入学するまでの日本滞在期間については払い、
それ以降の分については年金義務から外れる、ということで
区役所にて所定の手続きを経れば大丈夫、とのことだった。

そして今日。
区役所にて手続きを行いにいってきた。
以前話したときのノリではそのまま年金の係で行ってくれるような言い分であったので、
年金の受付へえ直行。

年金の窓口もたくさんあり、その中で
給付、加入、喪失などの担当窓口にて受け付け。
平日月曜日の一番の盛況窓口だった。

留学をするので~、という話をしたら、すぐ話が通り作業を開始してくれた。
しかし、転出届を先に提出をしないといけない、とのこと。
転出届を出せば、再度年金窓口へ来なくても自動的に年金から外れるとのこと。
ただし、受付に言わないと記載漏れが起こる可能性があると。

すぐさま転出届を記載し、再度年金受付へ。
そこで手続きを開始したところ、
海外へ行く場合、基本的に年金は強制加入ではなくなり、その期間の分の納入はなし、
という扱いで給付額は減額するとのこと。
そこで、任意加入をという制度を活用すると、満額支給されるようになる制度があるよう。

へぇ。

係の方が任意をごり押ししてくるので、
「仮に二年外れると給付額ってどう変化するんですか?」
と問うてみた。

結果、「20歳から60歳まで満額支払った場合の480カ月を分母に、
支払った月数を分子に持ってきたものを満額に乗じる」とのこと。

つまり俺の場合、
「満額×19/20」もらえるということで、対して差額ないよう。

年金の支給額もよっぽどのことがない限り現状より増額は見込めないので
任意加入はやめてきました。

ちゃんちゃん。



そんなこんなでもう出国まで36時間!!

2days till departure....

1 件のコメント:

  1. わたしのページにリンク貼らせていただきますw
    ていうかいってらっしゃい!!!!!!!!!!!早っ!
    http://tomitarieco.jugem.jp/

    返信削除