2010年9月22日水曜日

I think you should be waived

昨日の5時から8時まで、熱力学の授業が必修の授業としてありました。
必修なのでとりあえず登録して、さぁ授業開始、と思ったら
「この中で機械工学の学位持ってる人手上げて」
から始まり、
「このクラスは機械工以外の学生に向けた熱力学のクラスなので、
機械工学卒業の人間は取らなくていいです。ただ個別に相談してください。」
とのこと。

え~。。。必修じゃないんかい。
とりあえず熱力はやったし、熱移動の話とかほとんど聞いてないけどやったし
とりあえず相談するだけしてみようと教授のもとへ。

「一応機械工学卒業で熱力で伝熱やらやったんですけど、
いかんせん日本語でしかやってないので
ちょっとどうするか迷ってるんですよね。。。」
と、いったところ先生はそっこう
「君はこの授業取らなくていいと思う。」
って。

先生としては、同じことを復習するような時間にあてるよりは
新しいことを学んでほしい、というスタンスとのことで、
成績証明書を提出した上で最終決定する、と言われ、
昨晩早速送付したら今日あっさり授業の履修免除。
早い。

この授業は特別だとのことなのですが、やはりこういう事務の手続きの早さや
フレキシブルな体制が世界Top20にUS、UK、Canada以外で唯一ランクイン
する大学なのかな、なんて思ったりなんだり。
(出典:http://www.timeshighereducation.co.uk/world-university-rankings/2010-2011/top-200.html



授業が始まってまだ二日ですが、いくつかの授業は結構チャレンジングな
内容であることがわかったり、ほかにもいろいろしたいことがあるので
欲張ってしまいそうな環境なんですが徐々にペースをつかみつつ
加速していきたいと思いますです。

チャンチャン。

0 件のコメント:

コメントを投稿