2011年2月23日水曜日

日本人学生は海外大学で通用する

2/14に試験が終了した私。2/21に新学期が開始です。
とにもかくにもETHでの第2セメスターが始まりました。

そして本日ようやく第1セメスターの成績が出揃いました。

結論から言うと
履修10科目中1科目パスできなかったものの、
その他は平均して「B」に及ばないかな、という成績でした。
決して誇れる成績ではありません。
ただでも落とした一つの教科は学科の多くが落としていることを考えれば
決してひどいというわけではありません。

一方で学部時代に通っていた早稲田大学での成績は
平均して「A」に満たないものでした。
(成績評価をA+、A、B、Cの4段階評価として換算)

参考までにQS World University Rankings 2010では
ETHは18位、早稲田大学は182位
(出典:http://www.topuniversities.com/university-rankings/world-university-rankings/2010
18位というと中途半端かもしれませんが、
英語が母国語の大学以外ではトップのランクです。
もちろん欧州大陸ではトップのランクです。
このランクなるものは単なる一尺度にしかすぎません。
別のランキングでは異なる順位であることも事実です。
ただ、人はこの尺度をもとに色々物事を決めていることも間違いありません。

私は、自身が大学院の海外進学を決める際に、
様々な海外大学進学者、卒業生に会う機会がありましたが、
総じて感じたのは「優秀だから海外へ」という印象でした。
でも、海外に行く理由に「優秀」であることが必要条件なのか。
私はそうでないと信じてここへ来ました。
むしろ「優秀」に「なるために」ここへ来ました。

話が発散してきましたが、何が言いたいかというと、
日本の有名大学の学生の多くは
海外のトップ校で十分にやれるだけの実力を持っている
ということです。
ランクでは両大学はかなり離れた評価をされていますが、
結局はただの尺度に過ぎないということです。

早稲田大学で特別できるわけではなかった私が
欧州大陸トップの評価を受けるETHで
正規の学生としてそれなりにやっていけている。
決していいパフォーマンスではないことは事実ですが、
それでも揉まれながらなんとかやっていけるのです。

こちらに来て強く感じるのは
日本人は総じて教養がある、ということです。

その一方で感じるのが
日本人のエリート層はもっと頑張らないといけない
ということです。

何を頑張るか、というと
海外のエリートと議論できるように、張り合えるようにすること
ここに尽きると感じてます。

そのためにはそのような環境に出て行く必要がある。
だからこその海外留学なのです。

そして、ほんの一握りの人間だけの話ではないのです。
日本における知名度のある大学に通える学生の多くがやらないといけない、
そして、できることなのです。

だから最後にもう一度。
日本人学生は海外大学へ出て行こう。

2 件のコメント:

  1.  お疲れさま!!
    外国語の大学院で、しかもアインシュタインの母校(?)で、すごいね!オールBでも、早稲田のオールA+より価値あるんじゃないかな!?
     俺も最近色々考えるようになった気がする。大学院、どうなるか分からないけど、就職するにしてもグローバルなとこいって海外で頑張るつもり!
     2学期(?)も楽しみつつ頑張ってね!!
    チェケラ!!

    返信削除
  2. ブログ読ませていただきました。
    私は海外大学院進学を目指しており、読んで勇気の出るブログでした。
    ありがとうございます。
    ちなみに私はQREP6期のものです。

    返信削除