2011年5月31日火曜日

一年もかかってわかったこと

マスターでの授業もほぼ終わり、
残りはinternshipとthesisのみになったわけで
その中で一点強烈に思い知らされたことについて
ツラツラ述べたいと思います。

マスターの一年もかけてやっとわかったことが
「自分に何ができるか
それを明確にすること」

至極当たり前のことです。
本当に単純なことなんです。誰でも多かれ少なかれ意識してる
こんなことにようやく気付けたのです。

日本から出るときには残念ながら理解できてなかったことだったんです。
というか無意識にしていて、できていたことだったんです。

こっちにくるときは英語で専門分野について
十分に議論できるようになりたい、
それくらいにしか考えられなかった主な目的。
ほんとsuperficial。

そして今学期。
discussionベースの授業の中でようやく気付いたのが
議論ができることは前提条件。
それ以上の説得力や表現力等の要素が差別化の要素。
私の目的は出来て当たり前のことだったのです。

それに気付いてからはもうとにかくそのスキルをどうにか手に入れようと
あれこれというほど多面的にアプローチしてませんが、
もがいてみたわけです。
でも結局うまく言葉を出せなかったり、選べなかったり。
色々自分の中で起きる障害を克服できない日々が続いたのです。

そして残念ながら、英語が母国語の人間や
言語そのものが似通ってるドイツ人やオランダ人
彼らと表現を争っても現状勝てない。
まだまだ経験が足りなすぎる。
そういうことを感じたのです。

事実、今期を通してそれなりにしゃべれるようにはなってるんです。
まぁ、完全な主観的な評価なので勘違いの可能性は多いにありますが。

でも、このインターナショナルな環境の中、やっと気付いたのが
雄弁に語って自分の意見を通せるようになることだけが
海外で学べることでない。
彼らに追いついて追い越すことに
主眼を置くのはセンスレスだと思ったんです。

追いつくことは非常に重要、
というか最低条件のようなもので、
その先にある
「彼らになくて、自分にあるものを見つめ直し、そこに磨きをかける。」
その点を見出せる、気付けるかが重要であることに
やっと気付けたんです。
一年もかかってやっと。

日本にいるときは少し英語ができるからっていうので
なんだかんだでそこに自分の価値を置いてる自分がいました。

でもそんなのこっちにきたらなんの値打ちもない。
それよりも別の手持ちの札に気付いて活かせるか。
そこが最も重要。

今自分がどういう場所にいて、
そこにはどういうことがあって何がなくて。
そういう状況を判断、把握する力を養うこと
それが最も必要なことなんじゃないかって。

どこにいてもきっと同じ。
他人にはできない自分ができることに力を入れる。

もちろん穴を埋めることも同時に行う。

ただ、フォーカスは自分の輝けるフィールドを見つけてそこを伸ばす。
フィールドが見つからないうちはとことん穴を埋める。
そしてフィールドが見えてくるのを待つ。

なんかそんなことを感じたのです。

2011年5月17日火曜日

変化

よく自分の身を置く環境って大事って聞いたりしませんか?
少なくとも私はそう思ってる部分があります。
だから海外にいるんです。

チャレンジングな環境に身を置くからこそ
それに応じて自分を成長させられる。
でもそれは環境の変化がなくてもできることかもしれません。

その一方で人は確実に自分の外側の世界に影響を受けています。
肉体的にも、精神的にも。
人は環境に左右され、また環境を左右します。
小さいスケールから大きいスケールまで。
左右されるほうがbiology/psychology,
左右する方がengineering。
そんな解釈でいます。

とにかく、人は環境に影響を受けるものだということは
それなりに根拠のあることなのです。
環境によって人は「変化」してるのです。

話は変わってイノベーションなるhotな単語へ。
この言葉も「変化」を表していると思います。

イノベーションを理解するのに重要と言われるのが
アクター、ネットワーク、ルール
の3つだという話があります。

そのイノベーションにも種類がいくつかありますが
共通するフレーズとしてimprovementがあります。
すなわち「改善」。良くなることが前提なものなのです。

上記の3要素は環境そのものを作り上げる要素。
つまりイノベーションにも環境が大事ということです。

私自身、ここに来てしばらく経ちますが
変化している気がしています。色んな面において。
でもそれが「進化」なのか「退化」なのかわかりません。
もちろん「進化」でありたい、そうしたいと思ってます。

普通の人がしない、こないような場所で過ごしているこの経験
それを少しでも活かせるように、活かしきれるように
そうするためにも自分自身に対するイノベーション的な発想が
もしかすると重要なんじゃないか。
そんなことを思う天気の移り変わりの激しい5月の夜でした。

2011年5月9日月曜日

ラストスパート

昨日はチューリッヒにて行われた駅伝に参加したわけで、
もっぱら短距離専門の私は、
これまで駅伝なんて出ようとも思わなかったわけで。
なんとなく盛り上がりそうだから参加しよう、
その程度の考えで参加したのです。

予想通り、イベント自体は大盛り上がり。
なんせゼッケンが市内交通の一日券になっているという
街ぐるみのイベント。
チューリッヒを囲む山二つを往復するという形のコースで
出場チームは800以上。
朝8時から夕方6時までの一日がかりのイベントでした。

このイベントのおもしろいところはタスキを「繋がない」ところです。
これは完全に時間的な制限を考慮してのことなのですが、
どんなに速いチームであろうと必ず全14区間中
8区と12区で一斉再スタートが行われるという点なのです。
1〜7区は一つの記録用スティック(これがタスキ代わり)を繋ぎ、
8〜11、12〜14区がそれぞれ繋いで合計タイムで競う、
そういうレースでした。

私の担当した区間は8区。
一斉再スタートの区間です。
生まれて初めての駅伝参加で、まさかの一斉スタートです。
DSC 0044http://www.gallery.ethz.ch/asvz/view_album.php?set_albumName=37-SOLA-Stafette
完全にこんな感じでした。

走った8区は6kmちょいですが
最初の2kmで200mの登り坂を駆上がります。
ちなみに200mは大体新宿のこのビルの高さです。
モード学園コクーンタワーhttp://www.blue-style.com/photo/all/view-1204.html

まぁ簡単に言うときつかったんです。想像以上に。
最初の2kmでほぼ体力を使い果たし、
中盤は下り坂などもありうまくスピードに乗れたものの
最後は大失速。ラストスパートどころではありませんでした。

正直、ラストスパートには自信がありました。
高校生のときの長距離走などでは大体最後だけ頑張ってたので。
最後の一周、最後の200m、など決まった区間を集中して全力疾走。
短距離専門の私の十八番でした。
それが今回はできなかった。

全力を発揮するには相当なエネルギーと集中力を要する。
ここ、というときにその力を発揮できる人が強い。
これはきっと何でも共通して言えることだと感じています。
それができなかった今回の自分には非常に落胆しています。

ただ、集中力を鍛えるのは何よりも運動、
個人的な経験では球技が何よりも適切だと感じています。
それが今の自分に必要であると気付かせてくれただけでも
参加した甲斐はあったのだろうと
そう思うセメスターラスト一ヶ月の夜でした。

2011年5月2日月曜日

イースター

日本には馴染みのないイースター。
子供の頃、アメリカに住んでいた頃に経験したイースター。
たまごの印象が非常に強いんです。
ちかくの広場のような場所に行き、
おもちゃの色鮮やかなたまごを探すゲーム。
中にはおかしが入っていて、それを必死になって探す子供のゲーム。
そんな楽しいイメージしか残ってないのです。

先日初めてイースターの由来を知ったのですが、
イースターはfermentationを祝うもので
キリスト教以前にあった教えの頃より存在するもののようです。
そしてこのfementationのシンボルとして、
たまごとうさぎがあるようです。

そんなイースターは、
ETHにとって日本でいうとこのGWのような長期休暇になっています。
自分の国に帰ってる同級生もいれば、旅行を楽しんでるやつもいます。
そんな中、僕はチューリッヒに留まってみました。

当初は中欧、あるいはイギリスに行こうかとも思ってました。
でも冷静にチューリッヒに住んで8ヶ月も経つのに
全然街を知らないことに気付いたのです。

僕の寮は非常に良い立地で、
中央駅まで徒歩10分以内、学校まで5分以内という場所にあり
普段の家と学校の往復の生活だと
全くと言って良い程街を知ることができません。
土日もやらなければならないことをこなしていると
あっという間に時間が過ぎ、
閉店時間も早い上に日曜はお店が全て閉まっているので
街に出るきっかけもなかなかありませんでした。

クリスマス休みも試験終了後の休みも一目散に街を脱出し、
いる間は街を見る余裕がない。
そんなことでこの街を知らないでいました。

せっかく良い街に住んでるはずなのにもったいない!
と思い、今回は留まることに。
こんなとこがあったのか、ということに相当驚きました。

よく行くショッピングセンターの近くには
こんな教会があって。









こんな山な景色が電車で20分ほどで味わえて。



なんだかすごくいいリフレッシュになりました。











山以外にも街を歩いてちょっとした家具のようなものを購入。
チューリッヒのある場所には路地裏のような狭い道がたくさんあり、
かわいいお店もたくさんあったのです。

家で作業することが多い僕は、入居以来どんどん部屋が汚くなっていたのですが、
この機会に大掃除。いい感じになりました。
良い作業をするには、良い作業環境が必要であることを実感した次第です。

人は環境に応じて反応する。
異なる文化に交わればそれ相応の対話の仕方が変化し、
天気で気分も変わってきます。
思った以上に些細なことで、人は変化を見せます。
物理的にも、精神的にも。

先日たまたま流し見ていたイチローのドキュメンタリーで
こんなようなことを言ってました。
「いかにストレスをためないか、それがパフォーマンスに影響してくる」

負荷をかけて自分を追い込むことは重要だと思ってます。
そのためにコンペティティブな環境に身を置いているので。
でもその作業環境を整えておくことこそが、
インプットを最大限活かすために重要なことなんじゃないかと、
これまでの振り返りかつ復習を通して感じた
イースター最後の夜なのでした。