2011年6月20日月曜日

ドイツが脱原発に向かう理由

昨夜、ある食事の席でドイツ人と様々な会話をしました。
そのドイツ人の方はNY、ソウル、東京にチューリッヒと
国外で過ごしている時間が長い方で様々な実体験を通した上でのお話が
すごくおもしろかったのです。

カルチャーの話や人付き合いについての傾向や
外国人から見える東京の姿とか。
いろんなことについて話ができた夜でした。

話がどんどん技術絡みになっていき、
そして原発の話へ。
そのドイツ人の方が言うには、
ドイツ社会が反原発であったことには理由があり
それが今回の脱原発へ大きく舵を切り直したことにも
理由があるのだそうです。

タイトル等は聞けなかったのですが、ドイツの小学校の教科書には
ある魔法使いの物語が載っているそうな。
その魔法使いは学校で魔法を学んでいく上で
絶対に唱えてはいけない魔法等も教わるのだそう。

その唱えてはいけないと言われる魔法は
「魔法自体のコントロールが効かなくなってしまうから」
という理由で禁じられていたのだそう。
つまり、魔法使いの能力を超えた魔術なのです。

物語の中ではその魔法使いがその禁じられた魔法を
好奇心で唱えてしまい大変なことになってしまうとのこと。
そして多くのドイツ人は
この話が頭のどこかにあるケースが高い
とのことなのです。

この話から得られる教訓の一つが
「人知を超える制御不可能なものは手を出すべきでない」
ということのようです。
これがあってか、ドイツ社会では根強い反原発の背景があり
90年代前半からの風力発電の補助政策等の新エネへの社会転換へと
繋がっているとのことなのです。

そして今回の脱原発の風潮。
チェルノブイリを経験した欧州が
フクシマを機に大きく舵を切り直している大きな理由が
「日本」で起きたということに由来しているとのことなのです。

チェルノブイリが起きた際には
「ソ連だったから。我々ならうまくできる。」
そういう風潮であったようなのです。
原子力という大きすぎる力ではあるけれども
まだマネージできる可能性はある。
そういったことから脱原発のプランを引き延ばしたのです。

しかし今回は
「技術力の高い日本で起きてしまったのだから」
ということで、もはやこれは使うべき技術ではない
そういう空気なのだそう。

このドイツ社会の足下の感覚がこそが
脱原発への急速な再転換を突き動かす
強いファクターの一つであるらしいのです。

1 件のコメント:

  1. 久しぶりにじゅんじゅんのブログ読んで
    いろいろ考えさせられました。
    ありがとう!!
    私みたいに刺激を受ける奴もいるので、これからもいろいろ思いを綴ってください♪
    from QREPのなっちゃん

    返信削除