2011年8月29日月曜日

感覚

試験が終わって早2日。
終わったその日から色々と楽しいイベントに
突っ込んで行ってる毎日です。
25日に渡る籠城生活の反動で
とりあえず行っとく精神で行ってる感じです。

でもこれは単に反動だけがドライバーという訳ではなく
今回の試験を通して感じ取った一つの結果なのです。

今回の試験、実は3つしかなく前期と比べれば半分以下。
かける時間も前回の3週間の準備期間と比べて2ヶ月もあり
じっくりと時間がかけられる状況にあったわけです。
ただ、その3つのうちの一つの教科は、
落としたらアウトな試験だったのです。

アウトというのは2つの意味でアウトで
一つは現在支給されている奨学金が今後受けられなくなる
もう一つは学科にいられなくなる
すなわち退学になるのです。

それ故に籠城して試験に備えていたのです。
さらには籠城の前にも準備を始めており
万全の状態で臨もうとしていた
人生で非常に重要な試験のうちの一つだったのです。

ところがめまぐるしい天候の変化や
ある種不健全な生活リズムが招いた体力の低下により
体調がテストの週になって崩れてしまったのです。

これまでの自分のポリシーは
自分のベストを出すために体調をしっかり整える。
というもので、日頃の生活では平日や日曜の行動は
次の日の重要度により体調面をベースに行動し
これまでの数々の重要な局面では
必ずベストコンディションで取り組んできました。

それが今回は全くといい程整えられなかったのです。
加えて試験中にはテスト直前に摂取したレッドブルの影響で
猛烈な尿意に襲われ、時間を全くロスできない状況から
それはまぁフルフル震えながら受けきった訳です。
今のこの生活をかけた試験で。

結果はまだわかってません。
ただ、今まで自分が絶対にしてはいけないと思っていた
悪いコンディションで事に臨む
しかも生活を懸けた重要な事でしてしまったことが
すごく自分に対してショックだったし非常に残念でした。

でも、このようなことを悪いコンディションの中でやったことで
逆に吹っ切れたのです。
あれだけ自分にとって大きい事をあんな状態で臨んでるんだから
もう何も怖いものないでしょう、という開き直りです。

なので少々体調悪かろうが
楽しそう、行きたいと思ったことには参加し
楽しみきったかなって思ったら帰る。
次の日がどうこうとかっていう判断基準でなく
自分がどう感じてどうしたいかという
自分の感覚を基準にした判断。
この点にぶつかったのです。

先日、コネクティングドッツや「バカであれ」で有名な
ジョブスのスタンフォードでの卒業生に向けた言葉を
要約や抜粋でなく初めて全スピーチを動画で見て、
今まで自分に入ってこなかったメッセージを見つけたのです。
彼のスピーチ全体を通して私に一番響いたのは
「自分の感覚を信じること」

何をすべき、という点でなく
何をしたいか、という側面で自分を動かして行く。
ほんの小さい自分のポリシーの転換から、
自分のできることの範囲の中で感覚を信じてみる。
そういったことを実践していこうと思った
マスター最後の試験なのでした。

2 件のコメント:

  1. お疲れさん^^
    翼生えなくてよかったねw

    返信削除
  2. 感覚大事! 人によって違う、でもそれ当たり前ッッ
    自分基準で構わないにょろ。。。
    人の一生なんて、地球からしたらほんのチョビッツ過ぎて取るに足らん、と、思えばねw
    そして、ワシは明日CCNAのテスト~ さて、勉強すっか(ヽ゜Д゜)

    返信削除