2011年11月14日月曜日

家探しのときに出会った学生の話

現在家探しまっただ中なのですが、そのときの一幕。
訪問した家の彼はETHの建築の学生さんで学部2年目だということで
自分の状況とは異なってるので色々話をしてみたのです。
というのも家をゲットするためには印象をよくしないと選んでもらえないのだそうな。
だからまぁ良く思われようと必死に愛想を振りまくわけです。

とにもかくにもぺちゃくちゃずっとしゃべってたんです。
その家を出て駅に一緒に向かう間もずっと。
ただ色々話す中で一つすごく気になったのがスイスの教育システムの話。

スイスの教育システムは世界的にも良いとされているものらしいのですが
それでもやはり様々な問題がある様子。
例えば州によって教育の年数が異なる点であるとか
カリキュラムの違いだとか。
そのため大学入学時に不利になる州の学生もいるのだとか。

ただ、もちろん評価されているシステムだけあって面白い点はあるのです。
職業訓練についてです。

スイスの学生で大学に進学するのは30%ほどらしく、
その他は職業訓練を行うそうな。
その職業訓練では働き方は割とフレキシブルらしく、
週2、3日ずつ高校に行ったり仕事場に行ったりすることもできたり
職業訓練を経た後に大学に入学する資格を取得して入ったりと
いくつもの時間的な多様性のあるパスがデフォルトであるようなのです。

なので例えば同じ大学一年生の時点で18にもなってない子もいれば
23の子もいるのがある種そう珍しくない状況だとのことなのです。
もちろん、大学や学科によってもばらつきはあると思います。
話しをした学生が建築の子で、比較的職人肌の強いフィールドでもあるため
ばらつきが出やすいのかもしれません。

ただ、10代中盤のうちに
コンビニのレジ打ちだけでなく実務的な経験を積み、
その上で希望すれば高等教育に戻ることが可能な環境を提供するこのシステムは
すごく面白いものなのではないかと
家が見つからない絶望感に打ち拉がれてる中、思ったことなのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿