2013年5月15日水曜日

そりゅーしょん


貧富の格差とはよくいったのもので
実際にそれを本当の意味で目の当たりにする機会はやっぱりなかったわけで。
そしてそれをこのマニラで感じ始めているのは貴重な経験のように思うんです。

今日訪れた大型ショッピングセンター。
多くの家族連れの客や、若いカップル等で賑わうモール内。
そこにはユニクロも名を連ねていたり
Forever 21やGuess等の欧州でよく見かけるお店があったりして。
行き交う人々の格好もおしゃれな人たちもたくさんいて。

自分が今いる場所はどこにでもある大都市のショッピングセンター
だと錯覚してしまうほど。

平日のお昼すぎの時間にも関わらず人々が積極的に物を買って行く姿に
この街の持つマーケットの大きさを感じざるを得なかったんです。
その積極的な購買層に向け更なる商品作りをしたならば
より大きな成長ポテンシャルが望めるはず、と。

ただし、その購買層が大多数なのかといえばそうでないだろうと思ってしまうのです。
フィリピンのスラムで生活する人々の数は約2400万人(2007年時)と言われていて
人々の平均賃金も日本の10分の1程度の様子。
この層に対してまだまだ何かができる余地があるように思えてしょうがないのです。

マニラにあるマカティというビジネスエリアは
日本のODAによって作られたらしく
そこには多くの高級マンションもあるのだとか。
今お世話になっているスイスの財団の職員の方々や
アジア開発銀行の方々もこのエリアに住んでることが多いんだとか。

一方で自分が泊まっているエリアの家では
シャワーで温水が全くでなかったり
便器にトイレットペーパーを流すと詰まることもあったり
というのが普通で、
汚水処理がされないまま川に放流されていたり
まだまだインフラでの改善が見込める様子。

たしかに経済を潤わせるためには購買意欲をかき立てる施設は絶対に必要。
でもそれ以上に、人々が安全に生活できるような環境があるべきだと感じざるを得ず
そうでないと、それらの施設もただのハリボテに見えてしまう気がしたんです。

このマニラきてまだ4日しか経ってない中でこれらのことが見えてきて
まだまだ色んなことがあるんだろうと思うと
残りの時間でどんだけの考えが生まれるかが
適切な表現ではないかもしれないが楽しみで。

それらの思うことに対して
何かしらのひらめきがくることを
今のボスの口癖を聞きながら期待したいと思うのです。
"We'll find a solution"

0 件のコメント:

コメントを投稿