2013年6月9日日曜日

活躍って。

活躍ってなんですかね。
何をもって活躍って言えるのでしょうか。

スポーツの世界では
明確かと思います。
例えば野球とサッカー。
日本国外のリーグへ移籍し
そこで結果を残す。

インテルの長友選手や
レンジャーズのダルビッシュ選手。
彼らはそのチームの核として
成績を残している。
確実に活躍していると
言えるわけで。

一方で
デュッセルドルフの大前選手や
インディアンズの松坂選手。
成績を残しているという観点では
活躍しているとは
言い切れないのかと思います。

しかし、
今までいた環境ではないところで
チャレンジしているということを
活躍と定義するならば
大前選手も松坂選手も
確実に活躍していると思います。

でも一般的にはそうは捉えられてないかと思います。

時々自分にも
海外で活躍している
といった表現を使ってくださる方がいます。
でもどうしてもそれに違和感を感じるのです。
何も成果なんて出してないので。

もちろんそう言って下さった方は
ご厚意でおっしゃってくださってる
と思うのですが
当の本人としては
その言葉を頂く度に
まだ何もできてないな
まだ帰っても何もこれをやった
って言えないなと
強く実感するのです。

自分にとっての成果とは
一体何を指すのか。
そんなことを思う
マニラの昼下がりなのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿