2013年11月21日木曜日

沈み行く町

キルナという町。
俺自身はスウェーデンに来るまでは聞いたことがなかった町。
でも日本ではオーロラの見れる町として知られている模様。
そんなキルナを現在受講中のセミナーコースを通して知ることになったわけです。

キルナという町は北極圏にあり
面積20000km2ほどで
人口は24000人程度。
人口密度1.2人/km2は
EUの定義によれば過疎地であるとのこと。

こんな北極圏にある過疎地がなぜコースで取り上げられたかというと
この町は今町自体を移転しようとしているからなのです。
そしてその移転に向けて色々な研究や実践が行われている模様。

そのうちの一つとしてあるのが
北極圏でのサステナブルな都市のあり方の検討。
キルナは他の欧州地域と比べ
暖房需要も圧倒的に必要かつ
日照時間が暖房需要が最も高い時期に
ほとんどないという特殊地域。
そういった都市のエネルギー含め
様々なインフラが抱える問題の解決に向けた取り組みが
行われている場所がキルナ。

しかし、そもそも何故このような町の移転を行っているのかというと
町がある問題を抱えているからなのです。
その問題とは
町が沈んでいっているから。

このキルナという町には実は重要な産業があり
それは鉄鉱業。.
すなわち鉱山があるのです。
そしてキルナという町の起源が
この鉱山がきっかけなのです。

現在キルナがある地域に鉄鉱山が存在するというのは
実は昔から知られていたらしいのですが
いざ町を作ろうとなったのが
1900年前後のお話。
そしてその当時の知識をふんだんに活用して
鉱山を産業の中心に据え
そこでの労働者たちの生活を豊かにする
都市設計を行ったという歴史がある町。

ところが2000年代に入って町の南の方で
地面が沈み込むという事象が見られるようになったとのこと。
その他町にあった湖が縮小していったり。
これらの原因が鉱山なのだというのです。

採掘当初は露天掘りだったキルナでの鉱業が
時代を経る毎に地下へ地下へと掘り進んでいったそうな。
そして今では地中に労働者のためのレストランだったり
掘削道具のメンテナンスや備品を販売する店や
地下での作業環境向上のための人工の日光を設けるなどといった
軽い地下都市を築き上げているそうな。

この地下へ地下へと伸びて行く鉱山の存在が
町を沈下させている原因であり
町の移転を図る理由が
鉱業を続けていくことが前提であるからなのです。

僕はこの事実に驚ろきを隠せませんでした。
倫理的な観点で果たして是とされるのか否か。

たしかにこのキルナの主要産業は鉱業であり
このキルナは鉱業のために作られた町という経緯はあります。
仮に鉱業を政府が停止させたとしたならば
この町から住人が離れて行くのは必至。
そうなったら町の存続にも関わり
結果的に人々は移動せざるを得なくなる。
ならば計画的に移転を図ることを正当化できなくもない。
そしてその移転計画をsustainableなものに、としていて。

たしかに筋が通ってなくもないことはたしか。
でもどうにも腑に落ちない感覚もあって。
取り組み全体に対しての違和感。
ほんとにこの場所での鉱業を続けなければならないのか。
近隣地域で代わりになり得る場所はないのか。
他の産業の育成に努められないものなのか。

sustainable city in arctic zone
これを産業のソースにしようと画策しているのかもしれない。
でもこの取り組みの根底を知ってしまった今
sustainabilityという言葉のこの扱われ方に
とてつもない違和感を感じるのでした。

午前11時に見るキルナの木造教会