2014年7月27日日曜日

ドイツの第二次世界大戦の歴史ツアーに参加して。

30度でエアコンのないベルリンでなんとか生きる為に
無印良品で1500円のセンスを購入したジュン・コーノです。
暑くてグッタリです。

サマースクールとはいえ休日はしっかり休日な欧州スタイル。
パーティシティなベルリンで多くの参加者が20代前半なので
この二日はまぁ朝帰りの人ばかりです。
わたくしは徐々に年齢の影響を感じ始めているので
おとなしくしております。

そんなおとなしくしているわたくしが本日参加したのは
Berlin Underground tour。
地下シェルターツアーですね。

いくつかテーマのあるツアーの中で僕が参加したのが
第二次世界大戦のツアー。
1時間半のツアーで戦時中のアイテムなどが
地下シェルターに展示されていてなかなか特別な雰囲気でした。

このツアーに参加したのは僕を含め10人ほどのサマースクール参加者。
アメリカ人、オランダ人、フランス人、スペイン人、そして日本人の僕。
そして英語ガイドが満席だったため、僕らはフランス語ガイドのツアーに参加するはめに。
もちろんフランス語なんて全くわからないので、ガイドさんの話はほとんどわからず。
でも、僕には具体的な説明など必要ありませんでした。
日本のそれに近いから。

このツアーを通して感じたのは、ドイツと日本の抱える何か共通のものがあって
それは少なくとも他の参加者たちとは共感し得ないものであるということ。
何か一線を画しているのです。

日本にいるとお盆近くになると、このトピックに触れることが多くなると記憶してるんですが
離れるとなかなかそういうわけにはいかない中、
ドイツの歴史を体感できたのは自分の中ではなかなか大きかったのでした。

0 件のコメント:

コメントを投稿